本文へスキップ



            |  HOME |  アクセス |  サイトマップ |
HOME>事業の概要>人材の育成を目的とした研修事業>CALS/EC研修会

CALS/EC研修会


公共事業の効率的な執行環境の整備を図るため、2010年までに市町村を含めて全ての公共発注機関において、情報技術(IT)をフル活用した電子入札、電子納品を柱とするCALS/ECを実現させることを目標に、国土交通省主導のもと全国的な普及・促進に向けた取り組みがなされています。
 当機構は、建設行政の補完支援機関として、CALS/ECに関する研修会の開催等を企画実施するなど、佐賀県内におけるCALS/ECの普及・促進を積極的に支援していきます。






「公共事業支援統合情報システム」の略称であり、従来は紙で交換されていた情報を電子化すると共に、インターネットを活用して公共事業に関連する多くのデータベースを連携して使える環境を創出する取り組みのことです。

「公共事業支援統合情報システム」の略称であり、従来は紙で交換されていた情報を電子化すると共に、インターネットを活用して公共事業に関連する多くのデータベースを連携して使える環境を創出する取り組みのことです。
インターネット等の「通信ネットワーク」を介して、電子化されたデータをやりとりすることにより、時間的・空間的制約を無くすことが可能となります。
通信ネットワークを通じて運営主体の異なる複数のデータベースを連携することにより、仮想の統合データベースが構築され、この「情報の共有化」により、誰でもが同じ最新データにアクセスすることが可能となります。
「CALS/EC地方展開アクションプログラム(全国版)」(国土交通省策定)より引用

公益財団法人
佐賀県建設技術支援機構

〒840-0857
佐賀市鍋島町大字八戸3182

TEL 0952-26-1666
FAX 0952-26-1669

当サイトで提供している

PDFファイルをご覧いただく

場合にはAdobeAcrobatReader

が必要です。